2011年12月08日

2011/12/08 シンポジウム「ことばの身体性 ―語る・謳う・話す―」

■平成23年12月8日(木)
 日本女子大学文学部・文学研究科 学術交流企画
 シンポジウム「ことばの身体性 ―語る・謳う・話す―」
http://www.jwu.ac.jp/grp/lecture_news/2011/20111208.html

開 演:13:30(13:00開場)
会 場:日本女子大学 目白キャンパス
    新泉山館 国際交流センター大会議室
パネラー:
野村 四郎…観世流能楽師シテ方・東京藝術大学名誉教授・日本能楽会会長

豊竹 咲大夫…人形浄瑠璃文楽座大夫 切語り

喜志 哲夫…京都大学名誉教授・演劇評論家

司 会:みなもと ごろう (日本女子大学教授・演劇評論家)

入場料:無料(事前申し込み不要直接会場へ)
参加対象者:一般 研究者 学生
主 催:日本女子大学文学部・文学研究科
問合先:日本女子大学 文学部 中央研究室
    Tel.03-5981-3522
posted by zyogi at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

2011/08/24-26「上方文化講座2011」生写朝顔話(大阪)

http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/lit/lect/kamigata/2011.html

授業期間 2011年8月24日(水)〜8月26日(金)
授業時間 連日9時30分〜16時
授業教室 大阪市立大学学術情報総合センター10階大会議室

授業日程
○8月24日(水)
(1)時代と世話(久堀裕朗)
(2)『生写朝顔話』解説(久堀裕朗)
(3)島田・大井川の文学史(小林直樹)
(4)「喪明之泣」(村田正博)
○8月25日(木)
(1)『生写朝顔話』〈四段目〉講読(久堀裕朗)
(2)浄瑠璃の言語(丹羽哲也)
(3)『生写朝顔話』──太夫・三味線の芸(竹本津駒大夫・鶴澤清介)
(4)『生写朝顔話』──太夫・三味線・人形の芸 (竹本津駒大夫・鶴澤清介・桐竹
勘十郎)
○8月26日(金)
(1)近世大坂の芝居町(塚田孝)
(2)「朝顔日記」と中国演劇(松浦恆雄)
(3)桐竹勘十郎師に聞く──実演をまじえて(桐竹勘十郎)
(4)文楽の至芸──太夫・三味線・人形、三業一体の舞台(竹本津駒大夫・鶴澤清
介・桐竹勘十郎)

講師
文楽技芸員
竹本津駒大夫(太夫)、鶴澤清介(三味線)、桐竹勘十郎(人形遣い)

本研究科教員
久堀裕朗 (日本近世文学)、塚田 孝 (日本近世史)、村田正博(日本古代文学)
松浦恆雄 (中国演劇)、丹羽哲也 (日本語文法)、小林直樹 (日本中世文学)

(1)・(2)9:30〜12:00  (3)・(4)13:00〜16:00
*授業内容および時間割は変更になる場合があります。

受講ご希望の方は下記の要領でお申し込みください。

募集人員 70名(申し込み多数の場合、抽選。結果は返信用ハガキで8月上旬に通
知)
受講料 無料
申込方法 申込書(書式自由)に住所・氏名・電話番号・受講動機〈400字程度〉を記
し、返信用の官製ハガキ(住所・氏名を記入のこと)を添え、封書にて郵送
申込締切 7月26日(必着)
申込先 〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学文学部事務室「上方文化講座」係
*講座は3日間通しの受講が条件となります。

お問い合わせ 文学部事務室 06-6605-2351(平日9時〜17時)
*なお、ご記入いただきました個人情報は他の目的には使用いたしません。
主催 大阪市立大学大学院文学研究科・文学部
協力 (財)文楽協会
posted by zyogi at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

2011/04/16 和の催し「江戸糸あやつり人形公演」

■平成23年4月16日(土)
【4/11更新】

和の催し「江戸糸あやつり人形公演」
http://triadx.exblog.jp/15218720/


「キモノでおでかけ」企画第一弾!
「江戸糸あやつり人形公演」

江戸時代に生まれ、
江戸−−東京を中心に伝えられてきた
江戸糸あやつり人形。
熟練した芸、そして日本ならではの
繊細で表情豊かな動きをお楽しみください。
「かっぽれ」「酔いどれ」「黒髪」「獅子舞」
人形の構造、遣い方などの解説つき。

会場の変更に伴いチャリティコースとディナーコース
2コースをご用意いたしました。
◎チャリティコース(3,000円)
 公演のみの鑑賞となります。
◎ディナーコース(6,500円)
 公演後お食事をお楽しみください。ワンドリンク付き
 飲み物の追加と20:00以降の飲食は別会計となります。
◎両コースあわせて先着30名
◎公演は4月16日(土)16:00〜17:30
 無料の着付けもあります!
 着付け希望の方は予約時にお申し出ください。
 別途お時間を調整いたします。
 もちろん着物でいらっしゃらなくても大歓迎!
◎会場:銀座キャピタルホテル
◎なお、今回の収益の一部を、
 東北地方太平洋沖地震の義援金として寄付いたします。
 被災者の皆様への支援に活用されるよう願っております。


◎会場:中央区京橋プラザ区民館内1階和室
◎喫茶・食事:「ハントコ」CAFE
 東京都中央区新富1-4-1
 03-6280-5779

◎また今回東北地方太平洋沖地震のチャリティ公演として
 公演のみのコース3,000円を若干名お受けいたします。 
◎なお、今回の収益の一部を、
 東北地方太平洋沖地震の義援金として寄付いたします。
 被災者の皆様への支援に活用されるよう願っております。

お申し込み・お問い合わせは
◎ぎんざ三希堂
 東京都中央区銀座2-13-20
 03-3541-0845
 ginza.kimono@gmail.com
◎TRIAD (大内弘子)
 triad1712@jcom.home.ne.jp
お申し込みの際はお手数ですが
氏名、住所、電話番号、参加人数を明記ください。


なお、現在の状況を鑑み、中止になる場合は公演前日までにご連絡さしあげます。

◎主催:JAPAN SOUL AND ARTS
◎協賛:ぎんざ三希堂
◎アートディレクション:TRIAD

【追記】
「江戸糸あやつり人形」のHP
http://www.geocities.jp/edoitoayaturi_temp/edoito-01.html
と、このブログでの「江戸糸あやつり人形」紹介記事です。
飯田人形フェスタ 2010年8月8日 http://triadx.exblog.jp/13783165/
江戸糸あやつり人形 http://triadx.exblog.jp/13835183/
江戸糸あやつり人形@向島百花園2011 http://triadx.exblog.jp/14710342/
posted by zyogi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

2010/10/09芝居と語り芸

■平成22年10月9日(土)
芝居と語り芸 −庶民の娯楽−

場 所:国立劇場小劇場
開 演:14:00〜17:00終演予定)

演目/出演者:
【車人形】
 ○説経節 小栗判官一代記 高倉館判官矢取りの段
  八王子車人形 西川古柳座
  説教節=太 夫 十三代目家元薩摩若太夫
      三味線 京屋純

【地芝居】
 ○義太夫節 絵本太功記 本能寺の場
  秋川歌舞伎保存会 あきる野座

【江戸写し絵】
 ○新内節 葛の葉 狐子別れの段 劇団みんわ座
  新内節=新内仲三郎ほか

 ○落語 だるま夜噺
  落語=柳亭左龍

【無声映画】
 ○活動弁士 チャップリンの冒険   澤登翠
       番場の忠太郎 瞼の母  澤登翠

字幕表示あり

主 催:日本芸術文化振興会(国立劇場)
    東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団
    法人東京都歴史文化財団)
    東京発・伝統WA感動実行委員会
               
チケット :前売開始日 電話・インターネット予約開始 8月11日(水)10時〜
    全席均一 一般:3,000円、学生:2,100円
問合せ:国立劇場チケットセンター(10:00〜5:00)
    0570-07-9900、03-3230-3000(PHS・IP電話)
--------
十三代目家元薩摩若太夫
http://www6.ocn.ne.jp/~sekkyo/satumatop.htm

あきる野座
http://homepage2.nifty.com/akirunoza/

劇団みんわ座
http://www.minwaza.com/
江戸写し絵とは
http://www.minwaza.com/Site2/21AF6286-A721-4522-8C4D-6722B71ED762.html

新内仲三郎
http://www.joruri.com/

柳亭左龍
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Profiles.aspx?code=176

澤登翠
http://sawatomidori.com/voice/index.html
posted by zyogi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

10/07/03邦楽へのいざないPart4 音曲の司 義太夫節の魅力

■平成22年7月3日(土)
 邦楽へのいざないPart4 音曲の司 義太夫節の魅力

開 演:14時00分〜(16:10終演予定)
場 所:国立劇場小劇場
入場料:一般=3,600円(学生2,500円)

【解 説】
 義太夫節入門
 豊竹つばさ大夫
 鶴澤清馗

【演 奏】
 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  河連法眼館の段(かわつらほうげんやかたのだん)

 浄瑠璃 豊竹咲大夫
 三味線 鶴澤燕三
 ツ レ 鶴澤清馗

【対 談】
 義太夫の表現を探る

 豊竹咲大夫
 鶴澤燕三

※字幕表示あり

発売日:電話・ネット=5月11日(火)10時〜
    窓口    =5月12日(水)<チケット売場:10時〜18時>
(2010.3.15現在)
posted by zyogi at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典芸能系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。